DIY BLOG In Nagasaki

女の子でも簡単に出来るDIYを紹介していきます!

DIY BLOG In Nagasaki

【100均】セリアの商品で小物入れを簡単DIYする

スポンサーリンク

f:id:imuh:20171211133830p:plain

皆さまこんにちは!みっぷうです。

先日100均一のセリア(Seria)に初めて行ってきました。DIYするために沢山買い込んで帰ってきたのですが、そのうちのいくつかを使ってDIYしていこうと思います。

セリアの木箱と、取っ手をくっつけた小物入れを作ってみようと思います!可愛いけれど、アンティークでヴィンテージ感のある男前な感じをイメージして小物入れを作ろうと思っています。

自分だけの小物入れが欲しい!作ってみたい!DIYしたことが無いけれどやってみたい!そんな方に参考にしていただけたら、非常に嬉しいです。

 

 

 

セリアの商品で小物入れを簡単DIYしてみる

小物入れを作ろう!と思ったのは、実際にセリアに行き、その場で決めました。「小物入れを作ってみよう!」と思った1番の理由は、セリアに売られている取っ手が可愛くて、そのまま使えそうなものが沢山売られていたからです。

 

取っ手凄く可愛いのでオススメですっ!

 

セリアの取っ手は種類が多くて可愛い

私が購入した取っ手は3種類です。他にも色々な種類の取っ手があります。

 

f:id:imuh:20171201154736j:plain

どうですか?セリアの取っ手、とても可愛いですよね。このまま眺めているだけでも可愛いのですが、せっかくなので何かにくっつけたい!

100均にはさすがにタンスは売っていないと思ったので、木箱のような小さな箱にくっつけるのは良いかも!と考えました。

 

用途によって使い分けれるくらい、取っ手の種類が多かったよ!

 

セリアの取っ手は形も色々あります

引き出し用のつまみだけでなく、下の画像のような「洗面台の扉などにも使えるような取っ手」も、色々なサイズで売ってありました。

f:id:imuh:20171201154748j:plain

△ こちらの取っ手(ハンドル93mm古色仕上げ)は洗面所の下の扉につけようと思い購入しました。

 

なんと私、洗面台の下の扉の取っ手のサイズ(取っ手を取り付ける穴と穴の幅など)を測ってくるのを忘れており、サイズが全く分からなかったのです。

しかし、ダメだったら穴を開ければいい!の精神で、自分の直感で選んで購入しました。(測ってからお店に行くのをオススメします!)

 

サイズ合わなくてもどうにかするっ!

 

小物入れをDIYするのに使用するセリアの商品はこちら

 

  1. 引き出し用つまみ
  2. 木製ドロアーボックス

 

両方とも100円です。

 

f:id:imuh:20171201154740j:plain
f:id:imuh:20171201154717j:plain

△ 左がセリアの取っ手(引き出し用つまみ)、右がセリアの木箱(木製ドロアーボックス)です。

 

この取っ手と、木箱を中心にDIYしていきます。

f:id:imuh:20171208084716j:plain

取っ手には3つの長さの違うネジがついているので、取っ手をつける場所の厚みが違っても安心して使うことが出来ます。木箱にも使えますし、タンスなどにも使えます木箱の厚みが違っても調整できるということですね。セリアの細かい気配りが凄い!
 

 

f:id:imuh:20171204094357j:plain

この木製ドロアーボックスのオススメポイントが重ねることが出来るところです。重ねることが出来るとコンパクトに置けますし、小さいタンスのようにDIY出来るかと思い、計6つ購入しました。

 

木製ドロアーボックスは、そのままでも可愛い色していますが、ザラザラしているので、塗装するならばやすりがけは必須です!

 

やすりがけにかかる時間や、よく使用する紙やすりについてはDIYで木材のやすりがけにかかる時間に書いていますので、良かったら読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク
 

やすりがけをする・しないでどのくらい変わるのかの比較画像

セリアの木製ドロアーボックスをやすりがけする前とやすりがけした後の比較画像を撮ってみたので、やすりがけでどのくらい変わるのか参考になれば嬉しいです。

 

▽ 左がやすりがけをする前の画像、右がやるりがけを行った後の画像です。

f:id:imuh:20171204094403j:plain
f:id:imuh:20171204094439j:plain

 

やすりがけをする前、やすりがけをした後ではこんなにも変わることが伝わりましたか?

お子さんがいるご家庭ならば、お子さんが触った時にトゲがささったら非常に危ないですよね。是非やすりがけだけは丁寧にやることをオススメします。やすりがけを行えば、ツルツルになるので、トゲがささる心配も無くなります

 

木箱は小さいので、紙やすりは1枚用意すれば大丈夫です!

 

 

ヴィンテージな男前にするための必須アイテム!

男前な古びたような塗装をしたい時に活躍してくれるワックスが、ブライワックスのジャコビアンです。

100均ではないのですが、ブライワックスジャコビアンで無ければ男前(ヴィンテージとかアンティークとか)に塗装出来ないのでは無いか!?というくらい、私にとっては必須のワックスです。最近はブライワックスばかり使っているので、次はワトコオイルも使おう。

 

 

f:id:imuh:20171204102439j:plain

△ ブライワックスのジャコビアンという色です。

 

ブライワックスのオススメポイントは?

 

私が思うブライワックスのオススメのポイントを考えてみました。

 

POINT
  • すぐに乾く(15分から30分ほど)ので次の作業に移れる
  • 一度塗った後たわしなので磨くことでツヤが出る
  • ジャコビアンの色味が凄く良い
  • 木目が綺麗に出てくれる

 

本当にすぐに乾いてくれるのが助かります!塗装したら、すぐにネジをつけたり次の作業をしたい私にとって「すぐに乾く」というのは、非常に嬉しいポイントです。

ブライワックスは、一度塗って少し乾かした後、たわしなどで磨きます。その磨く作業は面倒なのですが、磨くとツヤツヤになるので是非磨くことをオススメします。

 

本当にツヤッツヤになるよ!

木材を塗装するならワトコオイルかブライワックスの二択だ!と言ってしまうほど、この2つの塗料を愛しています。

 

 

小物入れをDIYしていきます!

では早速小物入れを作っていきます。(ここまで長くなってしまい申し訳ありません。)簡単に作れるDIYなので、初めてDIYで何か作ってみよう!というかたにも、小物入れのDIYは非常にオススメです!

 

作っていく流れは、

  1. やすりがけをする
  2. 傷をつけて塗装する
  3. ネジを取り付ける穴を開ける
  4. ネジをつける
  5. 取っ手をつける

です。

 

よーし!頑張るぞ!

 

やすりがけをする

紙やすりホルダーにかみやすりを挟んで、木製ドロアーボックスをやすりがけしていきます。

 

▽ 左の画像が紙やすりを挟むホルダー、右の画像がやすりがけを行う様子です。

f:id:imuh:20171204094408j:plain
f:id:imuh:20171204094415j:plain

やすりがけが終わったら、次は塗装していきます。

 

ブライワックスを塗っていく

要らない布やタオルを使って、ブライワックスを塗ります。

※塗った後の布やタオルは発火する恐れがあるので、必ず水に浸してびしょびしょにしてから捨てましょう。

 

▽ 要らないウエス(ボロ布)を使って塗っている様子。

f:id:imuh:20171204094454j:plain

一度軽く全体的に塗った後は、さしがねを使って傷をつけていきます。

 

▽ さしがねを使ってガンガン傷つけている様子。

f:id:imuh:20171204094505j:image

傷のつけかたのポイントは適当です。この時は日頃のストレスを発散するように傷をつけるとスッキリするのでオススメです。

 

傷をつけ終わったら、もう一度ブライワックスを薄く塗ります。

 

▽ 左が傷をつけて塗装した画像、右が磨いている画像です。

f:id:imuh:20171204094520j:plain
f:id:imuh:20171204094524j:plain

少し乾燥した後、たわしやブラシなどで磨いていきます。ここで丁寧に磨くことで、乾いた後色移りしなくなったり、ツヤが出ます。

 

▽ 左塗装前、塗装後の木製ドロアーボックスを比較した画像です。

f:id:imuh:20171204094531j:plain
f:id:imuh:20171204094534j:plain
f:id:imuh:20171204094538j:plain

 全て塗り終わったら少し乾燥させます。

 

▽ 乾燥させている様子。

f:id:imuh:20171204094541j:image

 

ネジを取り付けるための穴を開ける

ドリルドライバーの下穴を開けるビット部分が見当たらないので、そのままネジを留めるビットで強制的に穴を開けるという荒技に挑戦します。

 

※ドリルドライバーをお持ちの方は、絶対下穴用のドリルビットを使用してください。

f:id:imuh:20171208100530j:image

 

開けた下穴にネジを留めていく!

穴が開いたら、下穴にネジをぐりぐり留めていきます。しかし、ここで苦戦しました。箱の内側から留めたいのに、ドライバーもドリルドライバーも箱に当たってしまい留めにくい。大苦戦しました。色々なドライバーで試しましたが、箱の内側からネジってどうやって留めるのだろう?

 

 f:id:imuh:20171208165749p:image

短めのドライバーで少しずつ留めていくことにしました。このネジを留める作業が一番難しく、かなり時間がかかってしまいました。そして、かなり力を込めてネジを留めるので、手が痛くなりました。さらに!ネジを留めるのに夢中になりすぎて、手が何か所か傷が出来ていました。

 

おいおい!大丈夫かよ!・・・聞いてる?

・・・・・・はっ!ごめん、夢中になってた!

 

f:id:imuh:20171204094550j:plain
f:id:imuh:20171204094553j:plain

なんとか留めることが出来ました。

 

f:id:imuh:20171204094556j:plain

ネジが留まったら、取っ手をクルクルつけていくだけです。

 

▽ 取っ手をつけたらこんな感じになりました。
f:id:imuh:20171204094429j:image

下穴を開け、ネジを留め、取っ手をつける作業を3回しました。(6回は無理でした。)

 

セリアの商品で小物入れDIY完成!

本当は6つ作りたかったのですが、時間が足りなかったので3つのみになってしまいましたが、完成しました!残りの3つも時間が出来次第すぐにDIYします。

 

じゃん!

f:id:imuh:20171204094608j:image

ど、どうですか?結構可愛く出来たのではないかと自信満々なのですが。私的には小物入れは小さすぎるのでもっと大きいタンスを作ってみたいです。

 

▽ 重ねてみました。可愛い。

f:id:imuh:20171204094616j:plain
f:id:imuh:20171204094619j:plain
f:id:imuh:20171204094611j:plain

 

 

まとめ

小物入れは簡単なDIYだと思いますが、ネジを留めることが一番難しかったです。それ以外は簡単に誰にでも出来るので、オススメのDIYです!

ちょっとしたアクセサリーなど入れたり、マスキングテープなど入れたり、小さいものを収納するのに使ってみようと思います。

 

画像が多くて長い記事になってしまいましたが、最後までご覧いただき、本当にありがとうございました!