DIY BLOG In Nagasaki

女の子でも簡単に出来るDIYを紹介していきます!

寄稿依頼が来たので挑戦してみた

スポンサーリンク

f:id:imuh:20171024131949j:plain

皆さまこんにちは!

寄稿を受けたと先日お話しましたが、「記事にしても大丈夫です」とご連絡があったので、早速記事にしました。寄稿した記事の書き方は、このブログとは違う感じで書いております。多分

 

 

大体にしてこのブログはおふざけが多すぎるもんな!

ガオガオさん、本当ひどーい!

 

お問い合わせフォームから寄稿のお依頼メールをいただき、

 

私なんかにまさか寄稿の依頼が来るなんて!ポッ。

 

と思っておりましたが、他の仲の良いはてなブロガーさんにも寄稿の依頼が来ていたようです。

 

な、なぁーんだ!勘違いするとこだったよー!

 

 

お問い合わせフォームから寄稿のお依頼がきた

 

f:id:imuh:20171024132908p:plain勘違いなんてしてませんって!

 

お問い合わせフォームを見ると、寄稿の依頼についてのメールが1通。

 

内容を簡単にまとめてみると、

 

POINT
  • 今度求人メディアを立ち上げるので、そのために記事を書いて協力してほしいということ。
  • そして「アルバイト」に関する記事を定期的に書いてほしいということ。

でした。

 

簡単にまとめスギィ!実際には丁寧に説明してくれていたよ!

 

だから、色んな人に寄稿の依頼をしていたんですね。けれども、まだまだ不安もあります。

 

 

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

 

 

 

不安になり寄稿依頼について調べまくる

 

f:id:imuh:20171007120030j:plain本当に大丈夫なの?

 

 ただ初めての寄稿依頼だったので、不安なこともたくさんあります。 

 

不安なこと
  • 連絡はきちんとくるのだろうか。
  • いつか連絡がいきなり途絶えてしまうのではないか。
  • 「定期的に書いてほしい」とのことだったので、きちんと定期的に書けるかどうか。
  • 報酬は妥当かどうか。(失礼スギィ)
  • きちんと振り込まれるのかどうか。
  • 定期的に書いて、きちんと報酬が振り込まれるのかどうか。
  • 何が分からないのか分からないという不安もある。

 

依頼を受けてからは、Googleにて「寄稿依頼きた どうする」とか調べていました。調べまくっても、寄稿依頼が来た!というだけで、詳しくは分かりませんでした。

 

 

「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

 

 

 

連絡をくれた方に実際に連絡を取ってみる

 

f:id:imuh:20171024132915p:plain締め切り短いのは怖い!

 

調べたって解決しなかったので、いざ連絡を取ってみることにしました。

 

行動力はすごいよな!

 

不安なことが解消されていった

 

f:id:imuh:20171007115219j:plain大丈夫ですよ!

 

メールを下さった方にお返事をし、色々聞いてみると、自分のブログではなく、相手側のブログに書いていくスタイルだということ。

 

その書く専門のサイトがあって、そこに登録し、そこに記事を書き、担当の方が確認後、相手側のブログに掲載してくれるいうこと。

 

定期的に書いて欲しい」というのも、ライターさんの負担のないように、決めていないし、納期も決めていないので、ライターさんのペースで書いていいということ。何と優しい条件なんだ。

 

連絡も途絶えることなく、すぐ返信してくださるし、丁寧に教えてくださったので、安心しました。

 

分からないことが分からない」ので、いざ挑戦してみて、分からないことは聞けばいいですよね。まずは自分の書く文章をレベルアップさせるためにも、挑戦することにしました。

 

名言

何でも挑戦してみる気持ち、大事。

 

きちんと入金されているのか

 

記事を書き、確認してもらい、相手のブログに掲載してもらいました。

その後、「報酬を入金しました。とメールが来たので確認します。

 

わっ!?ちゃんと入金されてるー!すごい!

おー!みっぷうもついにプロライターデビューやな! 

プ、プロだなんて。ガオガオさんたらー!

冗談やがな!

…えっ?

 

寄稿依頼の記事の書き方

 

私が寄稿依頼されたサイトは、はてなブログ

記事を書くサイトは、はてなブログではない所です。

 

そこに見出しや、太文字などを使い、写真やイラストを導入して、はてなブログにアップした時に、見やすいように考えながら記事を書きました。

 

これは依頼してくれた側のサイトが何のブログを使っているかなどで変わると思います。

はてなブログを使っていてくれて良かったです。やりやすい。

 

支払い方法が変わる可能性も

 

現在寄稿依頼をくれたブログには、ライターさんが沢山いるようで、最初は現金での振り込みでしたが、次回からはAmazonギフト券での支払いにしたいとのこと。

 

最初にお問い合わせフォームにきたメッセージでは、「支払いは選べる」とのことだったのに、そこはちょっと困りました。

 

「現金ならば、クラウドワークスや、ランサーズ(登録は無料)に登録し、振り込む際に手数料で少し引かれてしまうが、その方法しかありません。」と言われ、怖いのでAmazonギフト券での支払いでお願いしました。

 

 

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

 

 

 最終的には現金で支払ってもらえることになる

 

しかし、その後、担当者の方が、上司の方に相談してくれたようで、最終的には月1度にまとめて現金での支払いができることで決まりました。

寄稿の依頼が来て、支払いについて疑問に思ったらすぐ確認することがオススメです。

 

担当の方、本当にありがとうございました!

 

寄稿した記事の紹介

 

f:id:imuh:20171024132901p:plain自分のペースで頑張ります!

 

私がアルバイトについて書いた記事は、ネットで検索してきてくれた人に向けて書いているので、もしかすると読みにくいかもしれません。

 

もし読んでくれてご指摘があれば、私に教えてくれたら嬉しいです。

 

▽ こちらのブログで寄稿しております。

 

▽ ラーメン屋のバイトについて

▽ イベントスタッフバイトについて

結婚式場でのアルバイトについて

▽ リゾートスタッフについて

▽ バイトがめんどくさいについて

▽ バイトあるある早く言いたい

▽ ブラックな岩盤浴バイトについて

▽ フリーランスについて

 

まとめ 

 

未だに分からないことも多いですが、その都度丁寧に担当者の方が教えてくれるので、安心して記事を書くことが出来ます。

 

ただタイトルはSEOを意識してくれると助かると言われたのですが、まだSEOに関しては詳しくはないので、だ、大丈夫かな?と心配になります。

 

寄稿依頼を受けてみて感じたデメリット」を書こうかと思ったのですが、今の所デメリットは1つも有りません

 

これからも自分の限界が来るまで、頑張ってみたいと思っています!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!