DIY BLOG In Nagasaki

女の子でも簡単に出来るDIYを紹介していきます!

ブライワックスとワトコオイルを比較と違いについて

スポンサーリンク

皆さまこんにちは!あぁああー長崎は今日も雨だったー。そう長崎は今日雨なので、DIY日和ではありません。しかし、早くブライワックスを塗りたくてたまらないので早速DIY始めます!

先日ブライワックスジャコビアンが無事に届きましたので、早速ブライワックスとワトコオイルの色の比較をしてみたいと思います。 

ブライワックスジャコビアンを塗装

f:id:imuh:20170904113346j:image

ペンキ屋モリエンさまは梱包も丁寧で、塗装方法や注意事項などが詳しく書かれた紙を同封してくださいます。(必要か不要か選べる)

 

ブライワックスを塗装するのに必要な道具

  1. ウエス(ボロ布) 2枚
  2. 紙やすり(私は240番)
  3. たわしやブラシ

f:id:imuh:20170904111438j:image

なぜかさしがね(サンデーカーペンター)まで購入しました。およそ¥290で安かったため、速攻カゴにインさせました。⚠︎さしがねは塗装には使いません。

 

ブライワックスの塗装方法

f:id:imuh:20170904111103j:image

ブライワックスを購入させていただいた、ペンキ屋モリエンさまが同封してくれた紙に詳しく塗装方法が記載されていました。

  1. 表面のほこりや汚れを拭く
  2. やすりでツルツルになるまで磨く
  3. ウエスでブライワックスを塗る
  4. 15分から30分後たわしやブラシで磨く
  5. 綺麗なウエスで拭きあげる

以上がブライワックスの塗装方法です。

 

缶を開けても臭いが分からなかったため、鼻を近づけて嗅いでみると強烈な臭いでした。塗り始めると、ワトコオイルよりも臭く、ペンキのようなシンナーのような臭いがすごいです。

(⬆︎この記事に購入した時のことをまとめています。) 

 

ワトコオイルの塗装方法

  1. 表面のほこりや汚れを拭く
  2. やすりでツルツルになるまで磨く
  3. ウエスやハケで塗装する
  4. 15分から30分後に表面に浮き出た塗料を拭く
  5. 再度塗料を塗る(薄めに)
  6. 400番の耐水ペーパーでウエット研磨する
  7. 綺麗なウエスで拭きあげる

以上がワトコオイルの塗装方法です。

(私はワトコオイルはウエスで塗り、↑︎の5.再度塗料を塗るからはやっていません。ウエスで一度塗りのみです。)

 

ブライワックスとワトコオイル 塗装の比較

f:id:imuh:20170904134706j:image

比較する時に分かりやすいように、どちらもSPF材(ホワイトウッド)に塗装しています。

⬆︎の画像、左右のワトコオイルとブライワックスを塗装した木を、いちいちスタンプにして切り取り、貼り付けたんですが、横に並べれば良かっただけなのに、何スタンプにしちゃってるんだろう?と後から疑問に思いました。(この画像なんかじわじわ来ませんか?)飛び出てる感すごいし、見れば見る程じわじわ来てしまい、自分で作った画像なのに笑えてきました。

f:id:imuh:20170904111701j:image

(左がワトコオイルダークウォルナット、右がブライワックスジャコビアンです。)

全然違いますね。色の濃さはそれほど変わりませんが、木目の出方がブライワックスの方が綺麗に出ています。臭いは強烈なのですが、ブライワックスジャコビアンの色本当に素敵です。

f:id:imuh:20170904111842j:image

ブライワックスジャコビアンで塗装した木をブラシでしっかりと磨きます。ここで磨きが足りないと色移りの原因になるそうなので、しっかりと磨きます。(皆さま、ブライワックス手についてますよ!と思いましたか?)

しばらく乾燥させた画像がこちらです。

f:id:imuh:20170904112138j:image

 ブライワックスとワトコオイルの違い 

ワトコオイル

  • 伸びが良いので少量で塗れる
  • 手についても洗えば落ちる
  • スーッと短時間で塗れる
  • 臭いは換気しても臭う
  • 完全に乾くまで24時間かかる

ブライワックス

  • ワックスなので固いため伸びが悪い
  • 手についたらなかなか取れない
  • 臭いがワトコオイルよりも強烈
  • 色味は素晴らしい
  • 乾燥がとても早い

 

ワトコオイルはスーッと伸びるようにスルスル塗れて簡単に塗装でき、ブライワックスは固くて塗りにくいですが、木目が綺麗に出て最高の仕上がりでした。

初めてブライワックスを使用しましたが、ブライワックスの色味が素晴らしいのに驚きました。ワトコオイルよりも木目が綺麗に出ているので、これからはブライワックスをずっと使い続けます。(ワトコオイルちゃん「・・・」)

更に、ブライワックスは乾燥が早いのが助かります。ワトコオイルは乾燥させて1日程度待たなければなりませんが、ブライワックスは30分くらいで乾燥するため、すぐに次の作業のネジを留めや組み立てを始めることができます。

ブライワックスとワトコオイルの比較、分かりやすかったですか?ブライワックスのジャコビアンが人気な理由が分かります。もう手離せなくなりました。ジャコビアン、ずっと一緒にいてね?(杉ちゃん「・・・」)

 

(⬆︎杉ちゃんが登場する記事はこちらです。)

 

終わりに

やすりがけにまだ時間かかっており、電気サンダーを欲しい物リストに追加しました。(自分で買おう)電気サンダーの口コミなどを今必死に調べているところです。早くやすりがけを終わらせて塗装に移ります!

そして、読者登録して下さった皆さま本当にありがとうございます。皆さまとブログを通して繋がれたこと、とても嬉しいです。嬉しすぎて、1人1人の方と親密に繋がりたいです。(怖っ)こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。

皆さま最後までご覧いただき、ありがとうございました!

人気ブログランキング