DIY BLOG In Nagasaki

女の子でも簡単に出来るDIYを紹介していきます!

ブライワックスジャコビアンがついに届きました

スポンサーリンク

皆さまこんにちは!デザインCSSの話ばかりすみませんでした!(皆さま、まさかCSSの記事のほうが好みでした?)

私HTMLが好きなのですが、CSSは初心者なので、はてなブログを始めて勉強しました。(コピペしてるだけ)すると、CSSにも見事にハマってしまい、DIYだけでなくBlogデザインの記事も書いてしまいました。もうカスタマイズしたら止まりません。(⬅︎DIY BLOGなんだからDIYしてください)

ブライワックスジャコビアンが届きました

届いたくらいで記事にする私。(早く塗ってくれ)梱包が丁寧すぎて、感動したので皆さまにもお伝えしたくて。どうか皆さまお付き合いください!

f:id:imuh:20170903150315j:image

ダンボールにメッセージが書かれていて感動しました。400mlサイズの値段は¥2,376でとても安いのに、梱包まで丁寧にしてくださるなんて、本当に嬉しいです。更に、塗装方法の説明が分かりやすく書かれた紙も同封してくれました。(購入するときに必要か不要か選べます)

ブライワックスの塗装方法

f:id:imuh:20170903150633j:image

この塗装方法によりますと、ブライワックスはウエス(ボロ布のこと)で木目に沿って塗装し、15分から30分で乾燥するため、乾燥したらブラシやたわしなどでゴシゴシこする!ということです。(私ブラシもたわしも持っていません)何のためにブラシやたわしでこするかというと、色移りを防ぐためだそうです。(ツヤツヤにもなるらしいです)

ブライワックス乾くのめちゃめちゃ早いですね!しかもツルツルにツヤツヤになるならば、ワトコオイルではなくブライワックスだけでDIYしたくなってきました。(コラ)

 

⚠︎注意事項

  • 気温が20度以上になると液体化します。
  • 樹の種類によって色の付き方か異なるため、塗装前は目立たない部分で着色のテストを事前に行ってください。
  • 吸入は有害です。使用中・乾燥中は最大限の換気をしてください。
  • 強可燃性です。作業中は火気や高温のものを絶対に近づかないでください。
  • 塗料の付いたスポンジや布類は自然発火を起こす可能性がありますので、水につけてから破棄をしてください。
  • 皮膚や目につかないよう十分ご注意ください。もしついてしまった場合は大量の水と石鹸、または適切な洗浄剤で洗い流してください。
  • もし飲み込んでしまった時は、早急に医師に本商品を見せ指示を仰いでください。

と書かれていました。ワトコオイルと同じで可燃性があるため、水につけてウエスを捨てるんですね!気を付けないと危ないので、上記の注意事項はしっかり守ります!

 

ブライワックスはどこに使えるのか?

ブライワックスは水や熱に強くないため、頻繁に水拭きをされる場所や高温になる場所へのご使用はオススメ致しません。と同封してくれた紙に書かれていました。

つまり、テーブルやキッチンや電子レンジ回りなどはあまりオススメ出来ないということです。さらに、蜜蝋を主成分にしているため、表面が完全に固くならず、テーブルや椅子に使用すると、洋服が擦れた時に色が付く場合があるとのことなので、テーブルや椅子にもオススメ出来ません。(じゃあどこに塗ればいいの)

ブライワックスは木製家具用に開発されたワックスなので、ペンキ、オイル、ニスなどですでに塗装されている表面や木目がプリントされた合板には塗装出来ないそうで、木製家具に使用するのが1番オススメだということですね!(色々な所に塗りまくりたいのですが我慢) 

 

まとめると、

  • 水や熱に弱いため、テーブルや椅子、キッチン回りはオススメ出来ない
  • 木製家具に塗るのがオススメ
  • すでにペンキやオイル、ニスなどで塗装された場所には塗装出来ない

ということなので、木製家具中心に使用していきたいと思います。

 

終わりに

月曜日からまた本格的にDIYを開始して、ブライワックスを試しに塗って、ワトコオイルと比較してみたいと思います!

皆さま最後までご覧いただき、ありがとうございました! 

人気ブログランキング